私達のワックス造り

すべてのSNOWファンと見つめる、
次なるステージ

滑走性にこだわるハヤシの理由

はじまりは

「子どもたちにもっとその滑走を楽しんでほしい」

という願いからでした。

 家族で蔵王温泉スキー場へ遊びに行った日のことです。同スキー場は上から下まで標高差があり、施設区域の中でも雪質に違いが。下って滑るうちに板の裏に雪が付き、滑りにくくなってしまいました。ホームセンターで購入した固形ワックスを即席で塗るも、時間がたつとさらに雪が付着。板が重く思うように滑られない子ども達は、次第に疲れ表情は曇り、とても残念な気持ちになりました。

 またある時、競技スキーに励む子どもを持つ友人に「大会で勝てるかどうかは、高価な高性能ワックスを塗ってあげられるかどうか」と言われたことがありました。高価なワックスを使用しない子ども、試合当日のみ使用できる子ども、練習から使用できる子ども。一緒に練習を重ねながらも結果に違いが。私たちは努力している全ての子ども達に、同じスタートラインに立たせてあげたいと思ったのです。

 冬。真っ白な雪を舞台に、爽快に繰り広げられるウインタースポーツ。子どもたちには、この素晴らしい環境を楽しんでもらいたい。そのために必要だと考えたのが「子どもたちの期待に応えるワックス」でした。滑走性に優れ、誰もが求めやすく、練習から使用できるワックスをつくりたい。それが私たちの原点です。


その先を目指すプレイヤーの「ほしい」がつまったワックス

ハヤシの「創りたい」への想いは、いつしか子どものみならず、日本、そして世界、すべてのプレイヤーの「ほしい」へと変化していくのです。

 当初ワックスの成分や機能について独学で学び、自宅で開発製造。何度も試作を繰り返えしながら努力を続けてきました。そして全国各地のプレイヤーにもテストを依頼し、数種のベースワックスやトップワックスが完成。インターネットで販売を始めると、口コミで全国へと広がり、子ども達から「結果がでた」と喜びの声がかえってくるようになりました。

 すると今度は「もっとこうしてほしい」「こんな時に使えるワックスがほしい」とプレイヤーからの要望がぞくぞくと届くようになったのです。その声をもとに、雪質、気温、天気、競技内容、様々な用途を想定し研究を重ね、固形、液体、パウダーなど50種類ものワックスをかたちにするまでになりました。世界のプロが注目する液体ワックスも、各地のSNOWファンがワクワクするようなご当地ワックスも、自然愛好家が望んでいた自然派ワックスも、ハヤシワックスのすべてにユーザーの「ほしい」が詰まっているのです。


つくり手の顔、想いが見えるワックスをこれからも。

 雪はたった数分で、異なる雪質へと変化します。その雪上で最良の力を発揮したい、最後まであきらめたくない、そんなプレイヤーの熱い想いを私たちは常に受け止めています。ハヤシワックスはつくり手であり、使う方のすぐ側で最適なアドバイスを伝えるワックスアドバイザーなのです。

 私たちのワックスは、使われる方の声に耳を傾け、さらには国内外で活躍するトッププレイヤーに、世界各地を舞台にワックステストを依頼。スキーやスノーボードを満喫したいという方も、1/100秒を争うレーサー達も、誰もが望む「滑り」が、次なるステージへと拓けていくよう、これからも皆様と共にワックスの開発を続けて参ります。