フッ素が汚れを拾う場面では

全国各地から、黄砂や花粉、はたまたPM2.5の汚れが
滑走の邪魔をしている。。。と報告が入っています。
毎年のことですが、いやな時期がいつもよりはやく到来したような、、、
雪上には目に見えるひどい汚れが。。。
IMG_2512

 

 

 

 

 

 


ある、一定の湿雪や汚れまでは
HFハイフッ素などの、『 撥水効果 』 が有効ですが
雪の汚れが酷くなるに従い
撥水のための『 フッ素 』 が汚れを拾い、滑走性の妨げになってしまう場合があります。



IMG_2596

 

 

 

 

 

 


「 その時はいつ? 」 という問い合わせに
現場の雪を見ずに、こちらで判断することは難しいのですが
「ハイフッ素やグラファイト系のワックスを入れたのに板が走らない。ソールを確認すると汚れが。。」と
感じるようになった時には

硬めのベースに、少量HFをミックスさせたものや
※例) NF02 or NF-03 + HF02 (2対1)

フッ素の入らないベースだけのもので
※NF-03 + TS-NF-03 (3対1)

不純物を拾いにくく、滑走性がUPする場合があります。
ぜひお試しください☆

FullSizeRenderd

 

 

 

 

 

 


もちろん、HF-04や01、NTRの撥水性が抜群に効いていると感じる時期は
撥水性に特化した滑走ワックスで、春の雪を楽しんでくださいね☆

今季は春の訪れも早く、雪の汚れも深刻ですが
シーズン終わりのその日まで、皆さんが快適に雪山で楽しまれますように~
工房より祈っております (^^)/



スタッフブログ

アーカイブ

▲このページのTOPへ