今季の古雪・花粉雪・黄砂雪・PM2.5対策

 

最近は、2月だというのに
まるで春の古雪のような状態がここ山形でも続いています。
圧雪されていない雪面での汚れは、想像以上にひどく
古雪・花粉雪・黄砂雪・PM2.5等によるソールへのダメージは大きくなっています。

031c1_1223_news_2012_10_04_115_index_iapp
※PM2.5画像↑
中でもPM2.5の影響は各地で深刻なものになっています。

ここ近年、稀にこのような状況を体験された方から 下記のような
お問い合わせいただいています。

『 降って間もない良雪(湿雪)で、HFを入れても全く板が走らなくなった 』
『 そのゲレンデにいた、皆の板(他社ワックス等)が走らなかった 』
『 見た目はキレイだけど、解けにくい変な雪だった 』
『 気象庁でPM2.5の注意報が出たときに限って、そんな雪が降ってくる 』 等々。。。

PM2.5の主要構成粒子は『 硫酸塩エアロゾル 』であると言われています。

SO4_20150224_2015022503_JPN_small

※↑ 2015.2.24現在 硫酸塩エアロゾル汚染濃度予測図
この硫酸塩エアロゾルの元になっている成分は、二酸化硫黄。
二酸化硫黄とは、工場や自動車などから排出される有毒な排気ガスの主成分を指します。

二酸化硫黄 + 微小粉塵(細かいチリのような物質)
これが『 硫酸塩エアロゾル 』 PM2.5の主成分。

ごく稀にでも、この大気汚染物質が雪と共に降ってきた際、
滑らせる術はHF-04を入れた板にLQD-02やHP-LQDといった液体を入れて
滑走してもらうしかありません。

HPLQD

http://aa228v9jj7.smartrelease.jp/shop/products/detail.php?product_id=142

繧ケ繧ソ繝シ繝・繝ェ繧ュ繝・ヨ繧・LQD02

http://aa228v9jj7.smartrelease.jp/shop/products/detail.php?product_id=39

カービングスキーに比べ、バックカントリー用のファットなスキーやスノーボードのように
雪面に接する面積の大きい板は、当然ゴミも拾いやすく、雪上の影響も受けやすいので
上記ワックスを選択していただくか、こまめなブラッシングが有効だと思われます。

『 古雪・花粉雪・黄砂雪・PM2.5 』 + 『 スーパーウエット 』 で悩まされる日が
今シーズンはこんなに早い時期に到来し、HP-LQD (スーパーウエット専用) が
各地ゲレンデでの大会やバックカントリーでも大活躍となっています。
春雪対策されていない方は、ぜひご検討ください。

他にも、圧雪されたゲレンデや、良雪な環境(ウエット)では
MNS-01HFB-01.03HP-01が大変走っています。

FullSizeRender

湿雪か乾雪、どちらか判断が難しい雪質時はMNS-03が大変有効です☆

里ではすっかり春めいてきましたが
まだまだシーズン真っ只中!
山にはたっぷりの雪がありますよ☆
ハヤシワックスを塗って雪山へゴ~です(^_^)/

 

 



スタッフブログ

アーカイブ

▲このページのTOPへ