ワックス保管方法

次シーズンまでのワックス保管方法

シーズンも終盤となったためか
最近 『 来シーズンまでのワックス保管方法を教えてください! 』
というご質問をいただくように!

春から秋までの間、上手に保管することで
次シーズンも、ほぼ購入時の状態と変わらず使用していただけます。
ぜひ下記方法をお試しください!

IMG_3169
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 固形ワックス

① 乾燥・多湿を避けるためジッパー付きのビニール袋等に入れ
空気になるべく触れない状態で、しっかりと密封します。

② 直射日光・紫外線に長時間あたることによる変色を防ぐため
紙袋へ入れる等して日光を避けます。

③ 高温を避けます。地域によっては室内温度も高くなりますので気を付けてください。
特に対応温度帯の高いワックスは柔らかく変形しやすいです。

■ パウダー(スタートワックス)

パウダーは湿度を含むと滑走性に影響します。
ケースの蓋をしっかりと閉めてジッパー付きのビニール袋等に入れ
空気になるべく触れない状態で保管します。
高温になる場所は避けてください。

■ リキッド(スタートワックス)

基本的に購入したシーズンで使い切ることをお勧めします。
長期保管する場合は、固形ワックス同様に
高温・多湿を避け涼しい場所で保管してください。

最後に。。。
お客様の中には 「 冷蔵庫で保管する 」 という方も多いようです。
「おいしそうなワックスだね」とよく言われるハヤシワックス。。。(笑)
冷蔵庫を開けたご家族が、誤って口にするということがないよう、くれぐれもご注意くださいませ (*’ω’*)

 



スタッフブログ

アーカイブ

▲このページのTOPへ